--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/20

エチュード

春はお引っ越しシーズン

なので
メイも大きいハウスに引っ越し



私が留守する時など
落ち着いて昼寝するのに
キャリーケースで寝てますが
ケースの中で反転するのに狭すぎると
爺からクレームが来たので
ワンサイズ大きいキャリーケースを買いました


さて
発表会が終わって
昨日、レッスン再開しました

予定通り
ショパンの3つの新しいエチュード1番と
シューマン=リストの「献呈」



この単音のメロディとアルペジオの曲
一回通して弾いたところで
先生の第一声は
「このエチュードで何を習得したいですか?」


左手 : 右手 = 4 : 3 のリズム
それぞれ独立した指の動きで弾く

全体をレガート
右手のメロディを歌わせる


ってこと?

まあ、大体、そういうことらしいのだが
4:3リズムは違和感なく弾けてるらしいが
ツラツラ流れ続ける右手のメロディがまだ覚えきれないのと、
左手のアルペジオも運指に悩むところありで
上手くいかない

でも、問題なのはそういうことでは無くて


まず、左手アルペジオ

オクターブ以上の音域なので、指くぐり付きのアルペジオ
これをなめらかに、音の並び、バランスを保って弾くのは結構大変
一小節♪八分音符の分散和音
8つの音をつなげて行くことの難しさ
私の場合、上行はいいけど、下行が音が抜けたり音量のバランス悪かったり、それにたまに小節内に収めようと速くなる?こともあるかも

で、右手
メロディの行方を考えつつ
常になめらかなレガート
この曲
休みの無い♩四分音符のメロディが
全音の順次進行もあれば、狭い半音もあり
突然の拡張あり
これをレガートで綺麗に歌うのは
指の動き、手首や関節の柔軟さが必要とされそうです

まだまだチェックポイントありそうだけど
最低限、やらなきゃならないことを
この音の少ないエチュードで練習しましょうってことなのね

難しいエチュードだと
音符を追いかけるだけで手一杯になっちゃうから

憧れ曲もたくさん練習したいのだけど
最近、私が目指したいと思っているのは
ピアニストたちのあの
音が抜けず、一音一音計算された打鍵
神経を集中して音を鳴らすピアノ

先生が言うには
指先に神経をとがらせてと
鍵盤に当たっている指先の感覚をもっと意識してと

と、考えると
このエチュード1番に
まだまだ時間がかかりそうです


と、考えると
「献呈」見てもらうなんて
まだまだ先の話でした

…けど、来月のミニコンサートで弾くこと決めちゃったんだよねー





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。