--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/09

発表会で思うこと



昨日は、師匠門下の大人の生徒さん限定の発表会でした
ギャラリーは入れずに、出演者のみ

盛岡市内の教会をお借りして
神聖な空間でありながらも
和気あいあいと

とはいえ
出番が来ると
緊張はしますけど

レッスン始めてまだ一年ほどの生徒さんから
経験者までレベルの違いはあるけど
皆さん、ちゃんとピアノの音が鳴らせていて
ホールに綺麗に響いてました
師匠が、たとえ初心者であっても
しっかりとしたタッチにこだわったご指導をされてるのかなと思ったりして

自分は後の方の出番だったので
他の生徒さんの演奏を聴きながら
ずっと高い天井の礼拝堂に響き渡るピアノの音を見つめてました

盛岡に戻ってから
もう何回も本番を経験してますが
いつも
会場ホールのどこかで、ピアノが好きだった母が聴いてくれてると思いながら弾いてます

高校卒業してすぐ家を出たので
実は、母に私の演奏を聴かせてあげたことは
ほとんどありません

母が他界し、父の面倒を見るために実家へ
そのおかげで、皮肉にも
盛岡でピアノを弾く機会ができたのです

母はショパンの曲が好きだったけど
それ以外にもまだまだ素敵な曲が
たくさんたくさんあることを知らずに逝ってしまった

レッスンやサークル活動を通して
人生の中においても大切な出会いがあり
大事な友達を得ることができた
そして、まだまだ素敵なピアノの曲があることも教えてもらえた

このことを母に教えたあげたい
美しいピアノを聴かせてあげたいと何度思ったことか

だからいつも母に聴かせてあげるつもりで弾いてます

今年の本番は今度の日曜日が最終

それが終わったら、また新しい曲にチャレンジします

…な~~んか、らしくな~~い日記でしたf^_^;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。