--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/09/09

お迎えとレッスン

今夜もメイのお迎えが来て
早々、布団の上でゴロっとしてます
毎晩、8時前には
「もう、寝る時間ですよ」と私の前から動きません

君は、私のお母さんか?



早朝ウォーキングは奇跡的に?毎日続けておりますー
そのおかげで少し腰も落ち着いてきたような

…と、思ってたのに
昨日からイヤな感じ
宅配された烏龍茶とかミネラルウォーターの箱を持ち上げちゃったからかな?

夜中には急に膝が激痛
たまにあるんだよね
足が攣るのとは違う
膝だけズーンと痛くなるの
寝てる間にどこかにぶつけてるのかしら

今日は1日、腰がヤバかった
とにかく、足腰が頼りないと
ほんとに情けなくなるっす

少しずつ鍛えるために
朝のウォーキングを頑張ってるんだけど
長期目標としては腰痛撃退
短期の目標としては…
来週、静岡に帰ったら
孫を預かってお守りをすることになり
すでに8kgありそうな7ヶ月児を抱っこしても、泣かれてもへこたれない強靭な足腰を作ること


さてさて
昨日はレッスンでした
気がつけば、コンサートグレードまであと1ヶ月
そろそろちゃんと曲を見てもらわないとと
チャイコフスキーの「四季・ひばりの歌」と
グリーグの「春に寄す」

その後のおさらい会で弾くドビュッシーの「雨の庭」
のレッスンしていただきました

ひばりの歌は短いし、全体のバランスはつかめてきた感じもあるので
細かいペダルとか音の厚みとか
弾きながら、その都度修正してもらいました
テンポは
CDなどで聴くと、メチャ遅いんだけど
今回は組曲の中で弾くのではなく、単独での演奏だから、あまり遅くしないほうが良いとのこと

グリーグの春に寄すは…
始めの2拍3連が正確ではないので
まずはメトロノームできっちり弾いて来なさいと
それと、つい曲のイメージとテヌート記号に騙されて
その場の雰囲気と、弾けないからごまかすためのルバートを入れてしまってた
(これは本能なのか?)
→これ、アウト

グリーグには、余分なルバートは必要ないと

ついでに、その小節の和音で
こんな感じだろ!的な弾き方してたのか
音が足りなかったり、アルペジオ捏造してるし

う、うぅ…

思ってたより、時間かかりそう…

で、
ドビュちゃんの「雨の庭」

梅雨時に譜読み始めて
猛暑を越え
秋の台風シーズンまで持ち越してるよー

もう、そろそろ飽きてきてるんですが
先生の感想は

「この曲が好きです!っていう演奏ですね」

「 はい、好きです~~(^^)」

「そうではなく、作品にしましょうね」

「・・・ (^_^;)」


まだまだのようですぅ…


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。