--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/13

さて、次は

最近、定着しつつある…

ゴロ寝 with メイ

んだってぇ~



夕飯の片付けしてると
「まだ、終わんないの?」
と、私を待ってるんだもん

もー、しょうがないなぁー
10分だけよ

と、敷いたばかりのお布団の上にゴロっとして
スマホのLINEやFacebook見た途端に
記憶が途絶えるね

で、ただいま
丑三つ時

こんな時間にブログを書いちゃうってワケね


小さな発表会も終わり
次回のレッスンから何を見ていただこうか

昔、数曲弾いて半端にしている
ラヴェルの「クープランの墓」とか
グリーグの「ホルベアの時代」とか
弾きたくなっちゃった

どちらもバロックの舞曲の様式を取り入れた組曲

しかし
ん?待てよ
バロックの舞曲
ちゃんと真面目に弾いたことないじゃん

ならば、それを専門的に勉強された
今の師匠に習わない手はないでしょ

ということで
バッハのフランス組曲を練習することにしました
中でも有名な「5番」をば

むか~し、自分で弾いたことはありますが
(途中、よくわからない曲は除いて)
全音版の楽譜だったしね
今回は、ヘンレ版で行ってみよ

あと、何かオススメ無いですか?
と、先生に伺ったところ
「やはり、大人の生徒さんには、メンデルスゾーンの無言歌集を…」
と言うお返事
メロディーと内声のバランスを練習するには持ってこいのエチュードになるそうです

そういえば、4月のレッスンでやりかけの「胸さわぎ」
スケ2レッスンで中断中でした…

オホホホ

ふたたび
メンデル
よろしく…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。