2016/04/20

エチュード

春はお引っ越しシーズン

なので
メイも大きいハウスに引っ越し



私が留守する時など
落ち着いて昼寝するのに
キャリーケースで寝てますが
ケースの中で反転するのに狭すぎると
爺からクレームが来たので
ワンサイズ大きいキャリーケースを買いました


さて
発表会が終わって
昨日、レッスン再開しました

予定通り
ショパンの3つの新しいエチュード1番と
シューマン=リストの「献呈」



この単音のメロディとアルペジオの曲
一回通して弾いたところで
先生の第一声は
「このエチュードで何を習得したいですか?」


左手 : 右手 = 4 : 3 のリズム
それぞれ独立した指の動きで弾く

全体をレガート
右手のメロディを歌わせる


ってこと?

まあ、大体、そういうことらしいのだが
4:3リズムは違和感なく弾けてるらしいが
ツラツラ流れ続ける右手のメロディがまだ覚えきれないのと、
左手のアルペジオも運指に悩むところありで
上手くいかない

でも、問題なのはそういうことでは無くて


まず、左手アルペジオ

オクターブ以上の音域なので、指くぐり付きのアルペジオ
これをなめらかに、音の並び、バランスを保って弾くのは結構大変
一小節♪八分音符の分散和音
8つの音をつなげて行くことの難しさ
私の場合、上行はいいけど、下行が音が抜けたり音量のバランス悪かったり、それにたまに小節内に収めようと速くなる?こともあるかも

で、右手
メロディの行方を考えつつ
常になめらかなレガート
この曲
休みの無い♩四分音符のメロディが
全音の順次進行もあれば、狭い半音もあり
突然の拡張あり
これをレガートで綺麗に歌うのは
指の動き、手首や関節の柔軟さが必要とされそうです

まだまだチェックポイントありそうだけど
最低限、やらなきゃならないことを
この音の少ないエチュードで練習しましょうってことなのね

難しいエチュードだと
音符を追いかけるだけで手一杯になっちゃうから

憧れ曲もたくさん練習したいのだけど
最近、私が目指したいと思っているのは
ピアニストたちのあの
音が抜けず、一音一音計算された打鍵
神経を集中して音を鳴らすピアノ

先生が言うには
指先に神経をとがらせてと
鍵盤に当たっている指先の感覚をもっと意識してと

と、考えると
このエチュード1番に
まだまだ時間がかかりそうです


と、考えると
「献呈」見てもらうなんて
まだまだ先の話でした

…けど、来月のミニコンサートで弾くこと決めちゃったんだよねー





スポンサーサイト
2016/04/15

心入れ替えて

盛岡も春です

気象台は開花宣言してるけど、
お天気が不安定なせいか
まだほとんど咲いてないサクラたち

梅は満開



さて
先日の本番を終えて
次なる目標は…と

来月、ピアノサークルの内輪のおさらい会が企画され
1人10分位の時間がもらえたので
何を弾こうか選曲中です

去年の暮れ、テレビ番組で耳にしたシューマン=リストの「献呈」が気になり、楽譜を衝動買いしたんで、それをちょいと練習始めました
せっかくなので、おさらい会までの期間限定で
先生にも見て頂くことにした
たぶん、5分くらいの曲なので
あと、一曲はどうしようかなぁ~

発表会が終わり、持ち越してるレッスン曲は無し
一応、リセット状態

ふと
この際だから、自分の練習の仕方について
見直してみても良いのかと

サークルのお仲間さんたちの譜読みや練習
それぞれにやり方があると思う

地道にコツコツと丁寧に読んでいく人
楽譜をちゃんと分析してから弾く人
とりあえず、バーっと弾いちゃう人

いけないことと思いつつ、私がついやってしまうのが、バーっと弾いちゃう人タイプ
知ってる曲だと、楽譜をろくに読まないで
こんな感じだろうと弾いてしまう悪いクセ

発表会でちょっと大きい曲に取り組んでみたものの、弾き慣れながら後から修正していくのが
なかなか難しいことに気づきました

先生もこのことには気づいてらっしゃるので
細かく丁寧に読み進めようとアドバイス頂いてました

今後のレッスンでは
少しエチュード的なものをやることに
どうせならショパンは?と言われ
むかーし、何曲かやったことがあると話すと
意外なところから
「3つの新しいエチュード」を勧められました

曲は聴いたことあるけど
楽譜なんて見たこともない

今、手元にないので
サークル仲間からお借りして
譜読み



あれ?
和音がな~い→楽チンか?

しかし、ポリリズム的というか
2拍3連リズム

嫌いじゃないんだけど
私、雰囲気で流しちゃうところがある
…それも先生はお見通し~~
だから、きっちりと弾くということを
レッスンされるんだと思います

つくづく、ピアノって性格出るね

なんでもそうか

掃除でも
草取りでも
雪かきでも
文字書く時でも

私って、どこかドンブリ…
つじつま合えばオッケーみたいなところがあるんで

いつも生真面目なのは疲れちゃうけど
ピアノに関しては
少し楽譜と真面目に向き合ってから弾くようにしたいものだよ

ということで、このあっさりした楽譜をキチンと読んで、分析して、部分練習もして
最終的には、ショパンらしく美しく弾けるようになりたいものだよ…ね






2016/04/10

発表会

軽く、二日酔いの日曜日でした
今、やっとスッキリしてきたかな


昨日、ピアノ教室門下生の発表会でした

私は今年で3回目の出演

毎年3月の末に行われてるようですが
今年はホールが取れなくて
桜の開花も間近の4月

どうも、この発表会が終わらないことには
年度が切り替わらないような体質になってしまったようで
ようやく、明日から
気持ち入れ替えて動けるだろ

昨日の本番の出来はと言うと…

ブログで散々
毒吐いてきた?っけか?

なんで、選曲をもっと吟味しなかったんだろ
たとえ小さな発表会とはいえ
普段は着ることのない洋服を来て
ステージに上がるのだからね
出来れば、完璧に近い状態で仕上げて
気持ち良く弾きたいワケで

「時間かけりゃなんとかなんだろ」

ショパンコンクールの盛り上がりで
浮ついた考えと、いい加減な気持ちでスタートした
ショパンの バラード第3番 変イ長調 Op.47

いつの間にか、発表会のエントリー曲になってしまっていて

で、弾いても弾いても
今ひとつ

途中、曲のイメージとして
本来のバラードらしく物語を考えたりして
楽しんでだけど
結局、テクニック的に弾けないところは弾けず
どう弾こうかまだまだ考え中の部分を残しながら
本番になってしまった感じもあるような…ないような…

で、本番はね

直前リハでは、なんとかなってたけど
本番は、
やはりステージには魔物がいるんだろか

ミスは予定通り起こりましたよ
が、
予定じゃないところでミスって
ちょいと動揺

1番厄介な部分は
予定通り?
いや、予想以上の土砂崩れだったのかも知れないけど
終わっちまえば、もう後はスッキリ
途中、自分の音を聴けた部分もあるしね

それほど落ち込むこともなく
そして、さして反省もなく←ちっとは反省しろ!

立ち直りの早さに
楽観的な性格で良かったわい

それも多分
出演者にピアノサークルのメンバー
ダークチェリータルトさまや、マジョラムさまがいてくれたことと
会場に、やはりサークルの仲良しさん達が来てくれたことが
楽しく終われたことの1番の理由なんでしょう

だって、
いてくれるだけで心強いかふぇ婆さまや
いつも温かい目と耳で聴いてくれる白チェブさま
何気に演奏会によく足を運んでくれるキンモクセイさま
それにですね
今回は、秋田からわざわざ
ゆめもりこ嬢まで来てくださって

それにそれに
な、なんと



もりこさんには
真っ赤な薔薇の花束までいただいたのですよ

大きい薔薇が、3本にミニバラが数本

お!

バラード3番、通称・バラ3

薔薇とバラをかけて

薔薇3本?

やるねぇ~
憎いねぇ~

って、感激してたら

単なる偶然?
とか言うボケも頂戴しまして
大笑いで、発表会を終えることができました

そのあとは
先生と大人の生徒さんの打ち上げで
美味しいビールを何杯か飲んで
その後、せっかく来てくれたもりこさんたちと
合流してファミレスでおしゃべり
帰宅して、またビールを飲んで
風呂入って就寝

ヤァ~
楽しい楽しい1日でした!

本当に、ピアノを通して出会ったお友達には
いつもいつも楽しませてもらって
励ましてもらって
感謝感謝

で、
なんとなく二日酔いぽい頭で反省



来年の発表会では背伸びはしない
ビールはしばらくお休み


……忘れなかったらね






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。