2015/11/19

バラ3レッスン開始



庭になってた柿を干し柿にしてます
毎年、外に干すのに
今年はなんで廊下なんだ?

爺さん
よっぽど、カラスに食われるのが悔しいらしい

昨日はレッスンでした

晴れて?
ドビュッシーから卒業できて
当初の予定は
ちょいと前にひととおり見ていただいたバッハのフランス組曲5を、通しで弾いてテンポのバランスなど指摘してもらうことにしてましたが
2週続いた発表会を終えて、前にやりかけの曲はヤル気にならないだろうと
バッハは一度寝かせることにしました

…おやすみ、セバスチャン…


にわかショパンかぶれのめいもこ
バラード3番のレッスン開始

昔々、全体をざらっと譜読みしたことはあったのでなんとなくは覚えているつもりだったのですが
発表会終えてからの二日間ではまだたどたどしい譜読み

昨日は、終盤の盛り上がる場面の手前まで弾き、
ハイ、始めから



出だしのテーマが
めっちゃ難しい

ペダルの踏み変えや
スラーの切れ目の指変えを駆使して
mezza voceで弾かなきゃならんのね
しばらくここで悩みそう(汗)

私の場合
全体を、バァーッと弾いて
後から手直しのパターン

でも、バラードは
曲もそれなりに長いので
適当に全体を弾き慣れてしまうと
後々、修正が難しいので
少しずつ進んでいきましょうということになりました

やはり丁寧に見ていくと
自分の適当な譜読みのボロがボロボロ…

でも、これから毎週
ショパンやバラードについての話を聞きながら
細かくレッスンしてもらえると思うと楽しみ~~
スポンサーサイト
2015/11/16

ドビュッシー様のたたりじゃ~

昨日は先週に引き続きの本番演奏
友人の習っている教室の発表会にちゃっかし参加させていただきました

お目当はコレ


参加した人、全員にいただけるチョコレートケーキをワンホール
コレがまた美味しいのです

って、これがお目当てじゃないですよ!

あくまでも、自分磨きのために…
出られる舞台があればどこへでも…

パイプオルガンのある小ホールでの発表会

今年はありがたいことに
これで3回目となります

写メ撮らなかったな~~

なぜかというと
私事でニワトリ、ワンコ、爺の世話のため

集合時間には遅刻
弾き終わったらさっさと退散

せっかく出させていただいだのに
ワガママ言ってしまって

だから、リハーサルにも間に合わず

全くピアノに触らないのも怖いので
写真撮影終わってちょっとゴタゴタっとしてる間にチラリと触りましたが

でも、先週も弾いたし

それより何より
今日で、ドビュの雨庭ともオサラバできる
あと、1回弾くだけで~~っと楽観的



↑↑って、感じかな?
友達からいただいた文庫本
この本はまだ読んでませんが

とか、なんとか冗談言って
待ち時間に楽屋で、しゃべりまくって

予定より時間が押してるぞ~と、
巻いて弾かなきゃいけないかな
とか、そんな芸当できっこないのに

私の前の出番の皆さんは
緊張しながらも
落ち着いてキレイに弾いてらっしゃいました

で、ワタシの番

そんなに緊張してなかったし
心臓も落ち着いてたし

ヤマハのCFかな?
弾きやすそうだし

椅子の高さ調節に手こずりながらも
弾き始めると…

あら?
あららら?

分散和音が変だよ?
ペダルが濁るよ?
な、なんだ?
って、考えてたら
譜読みの段階でも、楽譜見て弾いたこともないところで変な音出しちゃって一瞬停滞
たぶん音は出してたんで気付かれなかったかもだけど

途中、落ち着かせようとしたんだけど
ペダルがグワングワンして
「やだ~、こんな音~~」
って、思ってるうちに…終わっちゃった
とりあえず、最後のキメは外さなかったんで
聴いてる人には
無事終わったかのように見えたかもしれないが

はぁ?
何、、これ?

裏に戻った時
譜めくりしてくれた私の師匠もビックリの出来事でした

はい

たぶん、ドビュッシー様のたたりです

もう、飽きた~~…とか
ドビュ庭…とか、ブログにさんざん吐いてたから

バチが当たったんだ


なんてね

おそらく
滑りやすい靴を履いてたのに
事前にペダル確認がちゃんとできてなかったこと

緊張は必ずしてるから
その状態で弾きながら修正なんてできやしない
結局、お粗末な演奏
私流に言うといわゆる「弾けてないピアノ」

ちょっとショックだったけど
自分のピアノ磨きのために出たんだから
ここから学ぶことがないとね

ペダルの加減を必ずチェックすること
滑る靴は履かないこと
動揺しても途中で立ち直れる場所を決めておくこと
また、そういう曲を選ぶこと
時間が押してるとか余計なことは考えないこと
半ば暗譜はしてたけど、要所要所の音名やコードは覚えておかないと

そして、もっと練習しておくこと!

って、ことで
しばらく


「さよなら ドビュッシー様」
2015/11/14

本格派ベトソナ聴いてきた

このところ
ピアノ関係で午後から出かけることが多く
全くピアノに興味のない爺の手前
どうも出にくくて…

今日は世界的ピアニスト・オピッツ先生のリサイタル



「外人ピアニストだよ」
「世界でも有名なんだよ」
「ベートーベンが、上手いんだよ」
「NHK番組でも先生してたんだよ」

と、分かりやすく説明しても、ぜーんぜん

とにかく、大相撲中継が終わる前に
爺が風呂に入る前に帰宅しなきゃと
アンコールは聴かずに大急ぎで帰ってきたら
もう、風呂から上がってビール出して待ってた

栓抜きが探せなくて、飲めなかったみたいだけど


「悲愴」
「月光」
「テンペスト」
「熱情」

ピアノ好きなら誰でも知ってる4大ソナタ

久しぶりに大ホールで生ピアノ聴いたんで
始めのうちは、音が小さく感じて
あれ~?

最近は小ホールでばかり聴いてますからなぁ

やっぱり、ピアノは
小ホールがいいなぁ

悲愴や熱情については
今年、リサイタルで複数聴く機会がありました

皆さん、若いピアニストさんたちだったから
エネルギッシュなベートーベンでした

今日のオピッツ先生のベートーベンは
それとは違う、何かピアノ人生を全うした感じ
(まだまだお元気ですけど)

ステージに出てきた時
一瞬、ブラームスかと思った(笑)

真面目で、でも優美で美しいソナタでした

個人的に気に入ったのは
「テンペスト」

へー
テンペストってこういう風に弾くのか
と、勉強になりました


…と、ベートーベンの、余韻に浸るのはこの辺にして

明日は、同じ会場の小ホールでドビュ弾くんだから

ニワトリさんのお世話もあるし
遅刻予定で
リハーサル無しのぶっつけ本番だす

それに
もしかして、午前中はメイの病院にも行かなきゃならないかもで
朝からピアノに触らず、本番かも~~

ウソ~~⁈






2015/11/13

次の曲は…

立冬も過ぎ
今年も干し柿を作る時期が来ました
爺の年中行事のひとつ
採って、皮むいて、吊るすのは私の役目ですが…

でも、私
干し柿キライなんだよね



久々のニワトリくんたち


柿みたいな色合いね

さてと

今度の日曜日にまた発表会があるので
あとちょっと、ドビュッシーを練習しておかなきゃなりませんが
今週のレッスンで次に見ていただく曲を決めました

先月、youtubeのライブで盛り上がってたショパンコンクールのノリで
「バラード3番」にしました

バラードは4曲とも好きなんだけど
1番はいちお、数年前にレッスン受けたし
ここんとこ聴く機会が多すぎて少々飽き気味

2番は途中眠くなりそうだし…ウソウソ

4番は今の私には譜読みできそうにないし

で、3番?

別に消去法では無いけど
内容が濃そうだし、色々勉強になりそうなんで
時間はかかるだろうけど
目標は
「人前で弾いて、残念な演奏にならない」

なかなか難しい目標だけど
ナンチャッテじゃなく
場面場面の内容や音質、演奏効果…
山ほど教わることがあるような気がする
それを理解して練習して
最終的には、余裕持って弾けるようにしたいのであります

ひゃー!
無理かな?
でも、頑張る!

と、心に誓っておきながら

今週、別の新しい楽譜を購入

先週、NHKの番組で少し使われてた曲がなんか心に染みちゃって
「この曲、なんて曲だっけ?」
と、気になりだし、ふと思い出してしまった

シューマン=リストの
「献呈」

私、意外に知らない曲で
去年、サークルメンバーさんが弾いてたのを一度聴いただけ

原曲がシューマンの歌曲なので
同じフレーズの変奏で、リストが得意のドラマチックな展開
ちょっと、私のタイプでは無いんだけど
NHK番組のさりげない効果になんか乗せられちゃったのね

たぶん、すぐに飽きそうなので
ちょっと練習してしまっておこ

先生に話したら
原曲の歌は聴いておいたほうがよいと
ジェシー・ノーマンのCDを貸してくださいました

って、ことで
早く次行きたいんですけど

日曜日の発表会までおあずけですかな?
2015/11/09

発表会で思うこと



昨日は、師匠門下の大人の生徒さん限定の発表会でした
ギャラリーは入れずに、出演者のみ

盛岡市内の教会をお借りして
神聖な空間でありながらも
和気あいあいと

とはいえ
出番が来ると
緊張はしますけど

レッスン始めてまだ一年ほどの生徒さんから
経験者までレベルの違いはあるけど
皆さん、ちゃんとピアノの音が鳴らせていて
ホールに綺麗に響いてました
師匠が、たとえ初心者であっても
しっかりとしたタッチにこだわったご指導をされてるのかなと思ったりして

自分は後の方の出番だったので
他の生徒さんの演奏を聴きながら
ずっと高い天井の礼拝堂に響き渡るピアノの音を見つめてました

盛岡に戻ってから
もう何回も本番を経験してますが
いつも
会場ホールのどこかで、ピアノが好きだった母が聴いてくれてると思いながら弾いてます

高校卒業してすぐ家を出たので
実は、母に私の演奏を聴かせてあげたことは
ほとんどありません

母が他界し、父の面倒を見るために実家へ
そのおかげで、皮肉にも
盛岡でピアノを弾く機会ができたのです

母はショパンの曲が好きだったけど
それ以外にもまだまだ素敵な曲が
たくさんたくさんあることを知らずに逝ってしまった

レッスンやサークル活動を通して
人生の中においても大切な出会いがあり
大事な友達を得ることができた
そして、まだまだ素敵なピアノの曲があることも教えてもらえた

このことを母に教えたあげたい
美しいピアノを聴かせてあげたいと何度思ったことか

だからいつも母に聴かせてあげるつもりで弾いてます

今年の本番は今度の日曜日が最終

それが終わったら、また新しい曲にチャレンジします

…な~~んか、らしくな~~い日記でしたf^_^;)
2015/11/02

これからが勝負なんだよ、本当は

気がついたらもう霜月

そして
気がついたら
日々ずっとメガネの生活のめいもこです

近視とちょっと乱視なので
ずっとコンタクトレンズ生活を送っていましたが
ここ数年、加齢による目の衰えを感じ
今年になってからは、より一層手元が見えなくなったため
コンタクトつけて、手元を見る時は老眼鏡をかける

遠くを見るためにコンタクトレンズで矯正し
手元を見る時には、さらに老眼鏡レンズで矯正する

でも
もう、ダブル矯正もヤダし
いちいちメガネをかけたり、外したりが面倒なんで、遠近両用のメガネに切り替えました
でも、それも始めは慣れなくて…
今でも、たまにクラっとするけど
もうしょうがない

ピアノの楽譜も
一時は、コンタクト+老眼鏡か、さもなきゃ裸眼で読んでましたが
今は遠近両用メガネでなんとか…読んでる…かな?
あんまり見えてないけどね

年を取るって
やーねぇー(~_~;)

さて
ドビュ庭卒業まで、あと2週間

リハーサルでも弾いてはきたけど
なんだかね
8割方暗譜できてきたら
より一層、自分にボロが、見えてきて

頭の単音の分散和音をもっと正確にパラパラ弾きたいし、
第2主題のところは、もっとグラデーションが欲しいし、
交差するところのピアニシモのメロディーはちゃんと出したいし、
右手が疲れてくるところ、宇宙的な和音のところ、3連符の始まりのところはもっと正確に弾きたいし、
中間部のチョロチョロした3連符をもっと音量抑えたいし…
もう、まだまだまだまだまだ
やらなきゃ~って課題が盛り沢山だよ

テンポも二分音符=70が限度
本当はもっと、早いみたいだけどね

曲を、知らない人には何のことやらだと思いますが
今度の日曜と次の日曜日に
本番で弾いてとりあえず終わりにする….
それまで、毎日ピアノ触れればいいけどね

本番までに
「こう弾きたい」部分を
なるだけ矯正していく

…いつも、今頃
…先生、終わりにしてくれるのかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。