2015/04/29

昭和の日

4月29日

いつから天皇誕生日が「昭和の日」になったんだっけな


自分、当然
昭和生まれだから
どっぷり昭和の人間と思ってましたが
計算してみると…
生きてる年数が
昭和と平成で半々
ちょっと 平成よりか?(←無理してる)

でも、思い出にふけるのは
青春時代
昭和の時代の出来事だからね

先日、庭にヒヤシンスの花が咲いてるのを見て
昔、聴いてたレコードの中に
そんなタイトルの曲があったなと
facebookでつぶやいたら
反応してくれた方がいて
なんか無性に聴きたくなって
Amazon検索したらCD出てたんで
思わずポチッと



あんまり知られてないと思いますが
「はっぴいえんど」の鈴木茂さんのソロアルバムです
当時から演奏ピカイチ、アレンジバッチリなんで
今聴いても色褪せてなーい
でも、私にとっては
昭和の時代のひとコマなんですね

ところで
今日は午後からコンサートホールへと出かけ
サークルのお仲間さんらと
ピアノの演奏会を聴いてきました

何を期待して行ったのかな、私

プログラムに連ねた曲たちが
名曲、難曲揃い (私から見てね)


本番というものは緊張するものであって
普段の8割もチカラを出せればいいのだけど
…具体的には書かないけどね

出せてた演奏者もいましたが

なかなかそこまで出すのも大変なことなんだなという感想

いや
普段からちゃんとピアノを鳴らす練習してなきゃダメだなと

自分にもムチ打ちたくなった
帰り道でした




スポンサーサイト
2015/04/27

母の命日

3年前の今日
旅立って行ってしまった母

一昨年は一周忌
去年は三回忌
それぞれ、親戚や子供らに集まってもらい法要を済ませましたが
今年は静かに、父と二人でお墓参りに行ってきました

(ブログ上でいつも「爺」と呼んでるけど、今日だけは「父」と書いておこ)

普段、あんまり母に語りかけるとか
仏壇の前で長く手を合わせることをしない父だけど、今日はお墓の前で
「来ましたよ!」
って、声かけてた

なんか、それが妙にかわいくて、
きっと母も笑って喜んでるような気がした

それにしても3年てこんなに早く過ぎるものなのか?

「石の上にも三年」

って聞くと、忍耐が苦手な私にはとっては、すごく長く感じるんだけどね

でも、あっという間

3年の間に、私の家族はずいぶんと動きがありました
その中で、メイがずっと静岡の家で何も変わらずに過ごしてきたんだな
3年て、人間には3歳分だけど、ワンコはその6、7倍
つまり、この3年間でメイは人間で言えば20歳近く年を取ってしまったのね

今日、決心しました
やはり、メイは盛岡に連れてきます


私は盛岡で生活始めて、いろいろな人と巡り会いました
父や母の知り合い、仕事関係の人たち

そして、1番の出会いはピアノを通して知り合った友達、先生

静岡でもピアノ関係の知り合いはたくさんいるんだけど、それは仕事上がメイン
それはそれで大事な人達だけど

盛岡では、あくまでも趣味
楽しみとしてピアノを愛する人達との出会いは本当に本当に貴重な宝です

いつも思うことだけど
母が亡くなって、父の世話をすることになったから、出会えた人達

大好きなピアノを弾きながら、聴きながら、語り合う
ピアノが大好きで、亡くなるちょっと前まで教室に通ってた母
きっと、母がいたら、ピアノサークルに入って、一緒に楽しめたはずだよなぁ

でも、母がいたら
私は盛岡に帰ってくることはなく
もちろんサークルも知ることなく…

なんとも皮肉なお話



2015/04/26

ヤンママ・ビッちゃん

ヤンママ・ビッちゃん
子育て中



ヤンママって、ヤング・ママね
ヤンキー・ママじゃないから

若鶏のビッチ
(最近、ビッちゃんと呼んでおる)
人間で言えばまだ高校生くらいじゃないのかなー

小柄なのに4羽の子持ち
5羽生まれたんだけど
私が静岡に行ってる間に
1羽があの世に…

たぶん、寒さで

飼い主の管理不行き届きと言いますか
私は詳しくわからないのだけど

子供の頃、ニワトリ飼ってました、が、
雌鶏が勝手に卵を温めて勝手に生まれてた記憶しかない

で、今回、ビッちゃんが卵を温め始め
爺が言うように
そのままコンクリートの床に
鳥かごを置いて藁を敷きつめておいたんだが
それがいけなかった

よくよく考えてみたら
3年前に生まれたヒナちゃんは
6月がバースデーだったし

2年前に孵化場で生まれた名古屋コーチンのヒナたちは、室温28℃の育雛器の中で育てられたわけで

今回生まれた岩手地鶏のヒヨコたちは
何の暖房もないところに
それも体の小さい母鶏に5羽も

寒いはずだよ~~

経験豊富な爺のはずだが
なんか当てにならないんだよな
やっぱり、年取って
感覚鈍ってるね

ということで
私がこちらに戻ってから
カゴの下に台を置き、カゴにもビニール貼って、藁も厚めに入れました

でも、まだまだベビちゃん達だから
油断はできません
飼い主がいろいろ考えてあげないと

生きて行くってことは大変なことなんだよね



ところで
最近、サークルや友達と
上のクラスのピアノを弾く機会があって
そこで今、レッスン中の曲弾いてみて
の反省

良いピアノで弾くと
弾きやすいから、ちょいとは上手くひけるかな?と思ってたけど

やっぱり出来ないところは出来ないんだなと

気の知れた仲間の前でも
いくらみんなおしゃべりに夢中で聴いてなくたって、それなりに緊張感はあるからね
その中で弾いてみるのはとても良い訓練になると思います
緊張して弾けないところは、まず
自信のないところね

あと、流して弾いてしまわずに
ここではこれをする
あそこではあれをする
と、考えながら弾かないと
ただただ流れていってしまう


で、今、考えてるのは
6月に参加させてもらう予定の発表会の曲

レッスン中のスケ2は置いといて

なんか適当なのないかなーと
サークル仲間に楽譜を借りて何曲か弾いてみましたが、うーん…

ショパンのノク8でいいんでないの?

と、リクエストありました

一緒に参加される皆さんがショパン好きが多いということで


3月の発表会で一度弾いたので
ろくに練習もしてなかったくせに
自分の中では一旦終わり~~と考えてましたが

あ、そうだ
まだ弾けてない部分が2~3カ所あったんだった!

その部分を仕上げるつもりで
6月まで頑張るかなぁ…

飽きるかなぁ…
2015/04/23

まだ、春

じつは私
今年は春が長いんですのよ

2月、3月と静岡にいて
4月から岩手

だから桜を愛でる期間が長い

…けど、

スギ花粉にさらされる期間も長いワケで
それに伴うジンマシンに苦しめられる日々も去年より長い~~

アレルギー薬のアレグラは
この前の爺の受診の時に
ついでに一カ月分もらってきたけど
飲んだり飲まなかったりで
ここんとこ、毎晩ジンマシンに苦しんでおります

ついつい
かいかいかいかいかい…
掻いてしまう

体のあちこちが真っ赤
なんか、地図帳とかにのってる
人口分布図みたい
→赤い点で表示、人口が密集してるとこは真っ赤

そうすると、お風呂に入った時に
ピリピリピリピリ…
痛い

けど
最近これが快感になりつつありますのよ

2015/04/22

やっと春

なんだか、はっきりしなくて
肌寒い日が続いていましたが
今日は暖かくなりました

我が家のシダレザクラも満開



今年はいつもより10日くらい早いそうで

カタクリの花は、そろそろ終わり



タラの芽は
道端から取られちゃいそうなところにあるから
持っていかれる前に(笑)
天ぷらにしてみました



全部、爺が食べちゃったから
私はまだ春の味覚を実感しとりませんがー

春だからってわけじゃないけど
玄関の壁にかけてある
「ちょっと大きな古時計」が
動き始めました



家の新築祝いで
母方のじいちゃんからいただいた時計

ってことは、40年ほど前の?

40年休まずにチクタクしてたわけじゃなくて
ゼンマイ巻かなきゃなんないから
めんどくさくて
もうずっと止まったまんまでした

先週、弟が帰ってきたとき
ゼンマイ巻いてもらったんだね

これがレトロな雰囲気でなかなか良いのね
振り子が
「カツカツ…」

時を刻んでる音がするのよ

で、時間ごとに
カーンカーンと鳴る

音程狂ってる感じですが

…これが昭和の音…いいねぇ

で、30分にも鳴る

もちろん夜中だって…

寝室が玄関のそばだから
これじゃうるさくて寝られないよ

と、思ってたら
全然、寝られる~


2015/04/20

お宮参りとメイ

週末
自宅の静岡へ帰ってました

ほんの1、2日だから
その中に用事をぎゅっと詰め込んで…

でも今回は
予定を2つもキャンセルして
初孫のお宮参りに同行してきました



富士宮のお浅間さん
富士山浅間神社の総本山…たぶん

富士山の頂上は
たしか、ここの浅間神社の所有だって聞いたことあるぞ

お天気まずまず


無事にお参り済ませ
ムスメ夫婦と嫁ぎ先のご両親が
そのまま近くの写真館で記念撮影するようなんで、そのまま付いて行ったら
一緒に撮りましょうよってことになって

えーっ!
…記念撮影対応の服は着てないし
化粧だってそんなに…

でも、せっかくですし
ちゃっかり写真におさまってきました

その後は
ムスメのアパートへみんなでお邪魔して
初節句のカブトと鯉のぼりを鑑賞しつつ
お昼をいただいて

ベビちゃんは、お宮さんでも写真館でも
全く泣くことなくお利口さんでした

…その夜は、グズって大変だったらしいが

午後はメイのいつもの受診で動物病院へ

シャンプーしてもらおうと思ってたら
去年打ったワクチンが効き目切れてるからダメ
その日はワクチンといつものお注射
4本くらい打たれた上に
フィラリア検査で血も取られ
ずいぶんチクチクされましたねぇ

フィラリアはオッケーでしたが
尿のpH調べてもらったら+2と言われ
フードをpHコントロールのものをメインにあげてといわれました

メイは、先月末に私が盛岡に来てから
旦那だけと暮らしてます
朝、ご飯もらって
旦那が帰る夜までずーっと独りぼっち

かわいそうでかわいそうで

今回、私が家に入った時
声をかけてもケージからすぐには出て来なかった
まさか、私が来るとは思ってなかったみたいな感じ

いよいよ、次回の帰宅の時には
盛岡に連れてくるかも知れません

2015/04/15

ひよこ

岩手地鶏のヒヨコが誕生しました



生まれて4、5日だと思われます
顔を出してるのは2羽だけど
全部で5羽産まれました

母鶏はビッチ
(チビだから、チビッチー…が、ビッチに短縮)
たぶんまだ1歳にもなってない若鶏だと思うんだけどね
おマセさんだったからね
お母さんになったら
お母さんぽく見えるもんだな

さて、昨日ピアノレッスンの日でした

いつも曲を見ていただく前に
先生とのおしゃべりタイムがあるんですが
それもまた
ピアノについて興味深い内容であったり
親の介護の話もあったり
美味しいお魚屋さんを教えてもらったりと
決して無駄ではないので楽しい時間

先日の辻井伸行くんのリサイタルから
翌日の智内威雄さんのリサイタルの話

私は存じあげなかったのですが
智内威雄さんは左手のピアニストとして活躍されてるそうです
サークルのメンバーさんにファンも多くて、皆さん聴きに行かれたようで

私も行きたかったけど
爺の手前、連日のピアノコンサートは難しく断念

メンバーさんがブログに書かれてますが、先生も絶賛されてて
何も知らない私のために?
来月の東京でのリサイタルのチラシをくださいました


とにかく、音が綺麗らしいです

…………っと、
昨夜書いてる途中にと寝てしまって
今日。
ネタを忘れてしまったので
ふと、今思ったこと

生まれたばかりの
ひよこ

何かを始めたばかりの
ひよっこ

まだまだ未熟でも
いろんな可能性があるとともに
チャレンジできる時間がたっぷりある

…というイメージ

どこをどうひっくり返しても
ひよこ扱いにはならないお年頃ですが!
ブロ友さんの誰か様も仰ってたように
時間あるようで無いから
今のうちに少しでも譜読みしておきたい

けどね
今現在は
昔弾いた、習った曲の解凍作業で手いっぱいであります

憧れ曲はたくさんあるけど

ふと思いついたもの

いつかは弾いてみたい曲、解凍したい曲
…ショパンのソナタ2・3、ベートーヴェンのソナタ「熱情」「ワルトシュタイン」、シューマン「謝肉祭」「ソナタ2」、リスト「メフィストワルツ」、ラヴェル「クープランの墓~トッカータ」、バルトーク「組曲」

弾いてみたいけど絶対無理だから楽譜さえも見たくない曲
…バッハ「イギリス組曲2」、ショパンバラード4、アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズetc.、ラヴェル「水の戯れ」「夜のガスパール」、バルトーク「ソナタ」、プロコフィエフ「戦争ソナタ」…

と、まだまだたーくさんあるけど

今年の前半は解凍作業になりそうですが
無理を承知でなんちゃって譜読みにも挑戦したいよなぁ~

明日は久しぶりの「あらえびす記念館」での練習会
YAMAHAのC7様に会える~
楽しみ~~









2015/04/11

ピアノリサイタルin秋田の旅

ピアノリサイタル聴きに
お隣りの県の県庁所在地・秋田市まで行ってきました



なんたってそりゃ
あの辻井伸行くんだから
チケットなかなか取れなくて行きッパグレてたから

サークル仲間の
K婆さまとSチェブさまと新幹線こまちでちょっとした旅行気分で

今回は秋田のもり子様のご配慮により
チケット手配、公演後のお食事まで
すっかりお世話になっちゃって

リサイタルは素晴らしかったねー
若さと勢いが感じられるピアノ
途中、弦が切れるというアクシデントがあったけど
弦が切れちゃうのにはいろんな理由があるのでしょうが
今日のピアノの状態はどうだったのかな?

ふと
コンサートホール
というか、地方都市の小規模の会館ホールとか
フルコンのグランドありながら
公演回数が少ないところのピアノは普段どうしてんだろと考えてしまった

盛岡市近辺では最近
ホールとピアノを格安で一般に貸し出す取り組みをしてる施設がジワジワと増えてきまして
サークルでもよく利用してます
たぶん空きホールを回すためでもあるけど
ピアノを鳴らす、慣らすためにもやってる事業なんですかね

私自身、静岡の自宅のピアノを見て実感

今、ほとんど弾くことがないので
たまに帰った時に弾くと
全然、音が鳴らない、こもった音ではっきりしない

やっぱり普段から音を出してないと
いけないんだなと

さて、リサイタル後は
「みちのくの小京都・角館」の
ちょいとオシャレな居酒屋さんで
美味しいおつまみで乾杯して
最終こまちで帰ってきました

リサイタルと小旅行
趣味の合う友達と歩くって楽しいねー

もり子さま
大変お世話になりました
ありがとさん!




2015/04/08

新年度サークル活動スタート!

盛岡もジワジワと春
庭の梅の花もポツポツと咲き始め…



寒いのでなかなか開花が進まず
早く暖かくなってくれないかしらねぇ

夕方のニュースでは
たった5輪花開いただけで
「盛岡のサクラの標本木、開花しましたー!」
って、興奮してたけど
寒くてサクラはまだまだ咲きたくなさそうなのに
無理して開花宣言しなくてもよくね?


本日、久しぶりのサークル練習会でした

1~3月までお休みしてたから
本当にご無沙汰
私が静岡で婆の任務を遂行している間に
皆さん確実に腕を上げている~

お仕事や子育ての間になかなか練習時間を取れないだろに偉いな

ピアノサークルだから…
当たり前ですが
みんなピアノが好き
ピアノ曲が好きなんだよねー

うんうん
良いこっちゃ!

ベートーヴェンに敬意を抱いてる人
ショパンに恋してる人
華やかに編曲された楽譜を見つけて練習してる人
バロック、古典と順序立てて練習してる人
インスピレーションで弾きたい曲を選んで練習してる人
どんな曲も丁寧に美しい音で弾く人

今日は新年度初の練習会
7人参加で
7人のピアニストの音色を聴くことができた訳だ

そりゃみんな練習中だったり
初見だったり
思い出しながらも暗譜で弾いたり
完璧に完成されたものでなくても
聴き合える

このサークルならではなんですな

「今度レッスンでこれ弾く~」
「この前聴いたら懐かしくてまた弾いた~」
「これはどんな感じの曲かしら?」…って、誰かに鳴らしてもらう

みんなそれなりに弾ける方ばかり

だから、人前で弾く難しさや
このパッセージが、あの和音が、その装飾音が「弾きづらいんだよね~」
って、わかってる人達だから
どんなにミスしようと、崩壊しようと
遠慮なく弾けちゃうわけだ

私も久しぶりの弾き会で
最近開いた楽譜を手当たり次第に弾き散らかしてきました

マジ練習始めた?(正確にはこれからマジメにやる予定)のスケルツォもやった

ボロボロだけどね

でも人前で弾くことに慣れると思うから
皆さんのお耳には辛いかもしれませんが
私にはそれなりにプラスになってるはずや

夕方、帰宅したら
爺がニワトリの世話や畑の見回りしてました

畑には去年植えたキャベツやネギ、ホウレンソウなんかが冬越ししてて
爺がホウレンソウを掘り上げてきました

畑ではパッと見
こちくれた感じだったけど
ちゃんと洗って揃えてみれば綺麗な緑色
これが本当の冬を乗り越えた寒締めホウレンソウなんだよね
お浸しにしたら
予想通り美味しかったです



私も、こちくれたハンパなショパン
ちゃんと丁寧にさらって
これが本当のショパンなんだよね!
…って弾いてみたいわぁ~

100年早いか?(笑)








2015/04/06

レッスン再開

今日から本格的にレッスン再開です

先生のお宅のピアノを触るのは去年の暮れ以来

まずはハノンでレガートの練習から

指の圧をかけながら
粒を揃えるレガートって難しいな

この前の発表会の講師演奏

先生が弾いてくださったモーツァルトのソナタの第2楽章
(作品番号は忘れた!)

粒の揃ったメロディーに
これまた粒の揃ったトリル
それをまた柔らかいレガートで弾く
右手と左手で弾く二重唱の部分の絶妙なバランス

あんな風に弾けたらいいなー


で、
メンデルスゾーンの無言歌集
Op.53-3「胸騒ぎ」

指摘されたのは
簡単にいうと、「楽譜通りに弾きましょう」ということ

音符の長さだったり
スタッカートだったり
それにスラーがついてたり

先生がエチュード代わりに
この分厚い無言歌集を取り入れてるのは
譜読みが複雑じゃなく
打鍵や表現のコントロールを練習できるからなのかな?
何曲かやったら、自分で「それ」ができるようにならなきゃいけないような気がする

去年までは
「メンデルスゾーンはタイプじゃないのよね」
って、失礼なこと思ってたけど
ちゃんと弾くと、美しいし、カッコいいはず

…でも、タイプじゃないけどね


んで、
ショパンのスケルツォ2
ひと通り聴いていただきました
…が

昨日、家で練習した時におもったこと

…指の力が無い…

もう、ガッツリ弾かなくなって何年になるのでしょう
和音が掴めなくてもうイライラ

そのことを先生に話したら
「若い子みたいにガツガツ弾けなくて当たり前。年齢相応の弾き方がありますから」

なんか、コツを教えてもらえるのかな?

それより今日、気づいたこと

パデレ版と原典版
違う音、発見?





と、思ったら同じ音じゃん!
私、上のパデレ版で、ト音記号で読んでました

恥ずかしー

あとね
テンポ、間違ってたー!

中間部のテンポ設定が全然違ってまして

先週、先生に
昔から大好きな曲なんです!
ってお話したはずだけど

実は私
このスケルツォ
他の人の演奏
あんまり聞いたことないのよねー

どうなることやらですが
「脱・なんちゃって」
目指して、まじめにやろ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。