2016/01/20

レッスン1/19

冬になってから
爺の動きがよけいに悪くなり
雪も降っちゃったから外にも出なくなった
家のこともほとんどできないので
爺のもっぱらの仕事は
メイの監視とオヤツ係



さて
今年に入って早くもレッスン3回目

相変わらずの練習不足とはいえ
ショパンのバラード第3番
練習始めて2カ月になろうとしてるのか

結局、4月頭の教室発表会で弾くことになりそう

ってことは?
あと2ヶ月以上も練習するのか?
というか
2ヶ月しかないのか?

毎回のレッスンで
前半の方は
どんな風に仕上げていくべきか
先生の指摘と私の好みとで
わかりかけてきましたが
まだ、しっくりいかない箇所が、いくつか
また
テンポがゆるいと音はキレイに出てるけど
上がると和音がバラけたり、右手左手の縦のラインがズレたりしてしまうと

そして後半は
まだまだ弾けてないんですわよ~

おまけにお約束の音マチガイ
みーっけ



最後のページ
オクターブの和音の応酬なんで
鍵盤見ないで弾いてたら
勝手に要らない音までくっつけて弾いていたところが数箇所

もー
いい加減なんだからー

キツいフレーズが何カ所かあります
片手ずつの練習
ゆっくりではなく
in tempoで練習するようにと


そういえば
先週の辻井くんもバラード弾いてました

当たり前ですが
サラサラ~~と弾いてましたね

私がサラサラと弾ける日がくるのだろーか?


一曲にドボーンとハマり込めないので
気分転換に何曲か練習する予定ですが
今月は個人的にショパン月間
また土曜日に
ショパンコンクールの入賞者のガラコンサートに行くので
私もショパンを弾き散らかすつもり

あくまでも、散らかすだけ~~
スポンサーサイト
2015/12/16

レッスン12/15

別に

私はピアニストじゃないし
ピアノの先生でもない

毎日練習できないからと言って
焦る必要はない

けどね

この年になっても
弾けるようになりたい曲はどっさりあるわけですよ
いや、あれもこれもとは言いません
とりあえず、今取り組んでいる曲だけでも
練習したいのー

しかし
時間もなければ
あってもお邪魔が入るので
レッスン受けても
指がどんどん忘れて行く

で、
昨日はレッスンでした

今はショパンのバラード第3番のみ
見ていただいてます

週末は静岡東京お掃除ツアーでしたし
前日も忙しく練習不足のため
レッスン前に、先生のピアノで自主練習させてもらいました

先週指摘してもらったところを思い出し
こう弾くじゃないかな?的に
でも、上っ面だけでも弾けるところは
イメージして弾きかた変えられるけど
後半の盛り上がる部分は
まだちゃんと音がわかってないので
どーにもなりませーん

昨日のレッスンでは
何箇所か、先生に直接弾いてもらって
手の動き、音の響きなど
自分の弾きかたとの違いを見せてもらいました




次の主題へ移る前のキメの和音

パーン!でもなければ
トーン!でもない

右手のオクターブと
左手の和音

バランスも問題だけど
右手と、左手のタッチが違う



左手のズルズルした16分音符
レガートで弾くのは至難のワザ

イメージとしてはソナタ第2番の終楽章のスケール

鍵盤の深さまで吟味して練習しなきゃならないのね

でもね
レッスン楽し~!
その都度その都度
先生が選んだ言葉を聞いて
弾いてみて
自分の演奏が変わってる⁈と思える瞬間

嬉し~

もっと若い時にこの感触
味わいたかったなー


でも、先生がそばでそれそれ!って言ってくれるとできるんだよね


1人で弾くとなんでできないんやろか…うーん



2015/11/19

バラ3レッスン開始



庭になってた柿を干し柿にしてます
毎年、外に干すのに
今年はなんで廊下なんだ?

爺さん
よっぽど、カラスに食われるのが悔しいらしい

昨日はレッスンでした

晴れて?
ドビュッシーから卒業できて
当初の予定は
ちょいと前にひととおり見ていただいたバッハのフランス組曲5を、通しで弾いてテンポのバランスなど指摘してもらうことにしてましたが
2週続いた発表会を終えて、前にやりかけの曲はヤル気にならないだろうと
バッハは一度寝かせることにしました

…おやすみ、セバスチャン…


にわかショパンかぶれのめいもこ
バラード3番のレッスン開始

昔々、全体をざらっと譜読みしたことはあったのでなんとなくは覚えているつもりだったのですが
発表会終えてからの二日間ではまだたどたどしい譜読み

昨日は、終盤の盛り上がる場面の手前まで弾き、
ハイ、始めから



出だしのテーマが
めっちゃ難しい

ペダルの踏み変えや
スラーの切れ目の指変えを駆使して
mezza voceで弾かなきゃならんのね
しばらくここで悩みそう(汗)

私の場合
全体を、バァーッと弾いて
後から手直しのパターン

でも、バラードは
曲もそれなりに長いので
適当に全体を弾き慣れてしまうと
後々、修正が難しいので
少しずつ進んでいきましょうということになりました

やはり丁寧に見ていくと
自分の適当な譜読みのボロがボロボロ…

でも、これから毎週
ショパンやバラードについての話を聞きながら
細かくレッスンしてもらえると思うと楽しみ~~
2015/09/01

リサイタルとレッスン

8月最後の日曜日
ピアノサークル仲間と共に
久々にピアノリサイタルに行ってきました




盛岡出身の若手ピアニストの佐藤彦大さん
今の私の師匠の教え子さんだった方

去年のリサイタルは、コンサートホールでしたが、
今回は、スペインのピアノコンクールで2位受賞されて、急遽決まった凱旋公演
なので、会場が

野村胡堂あらえびす記念館

そこは、ピアノサークル練習会で弾かせてもらってるホール
あの、YAMAHAのC7
いわゆる「ナナちゃん」のピアノがあるところ



客席は100~120人ほどかな?
ピアノを聴くにはちょうど良い広さ

プログラムはシューベルトとベートーヴェンの有名どころの間に、マニアックな曲を挟んで

音色から、タッチから、絶妙な間から…
あの柔らかい音…
若いのに、オバちゃんのハートをギュッとつかんでくれちゃって

YAMAHAのナナちゃんは
とても弾きやすくて
ウチで弾いてるより、ちょびっとキレイに鳴ってくれて気分が良いのだけど
同じナナちゃんなのに
プロが弾くとぜーんぜん違うモノになるのね…そのへんは、トホホ…


さて
今日のレッスンは
当然、リサイタル秘話などの話で盛り上がったせいか、見てもらったのは二曲ほど

バッハ・ふらんす5の6曲目のルール

6/4拍子という拍の取りにくい舞曲らしくない曲
譜読みしてもよくわからなかったんだけど、フレーズの取り方とか指導してもらいました
舞曲というより、間奏曲的で、また、リュートの音のイメージで
なんとなくわかってきたような…

チャイコフスキー四季・3月ひばりの歌を初めて見てもらいました

それより、なんでこの曲はこんなにも暗いんだ?

と、前々から疑問に思ってたのですが
先生によると
「ひばり」という鳥が、ヨーロッパでは、正確にはキリスト教的に
「自己犠牲」の象徴として捉えられてるらしく、ヒナを守るために、巣の真上に飛び上がって行く姿は昇天を意味するとか…

なので、かわいい小鳥というより
どこか物悲しい雰囲気を感じる鳥のようです
と、思うとこの曲の暗さが妙に納得できて、たった2ページの短い曲だけど
ひばりの悲哀のさえずりを表現できるように弾いてみたい
…ってか、弾けるようになりたい

レッスンでは、単に弾き方だけじゃなく
曲にまつわる話をさらに掘り下げて
いろんな エピソードを聞かせてもらってます
それがまた、楽しいんですなー




2015/05/27

サヨナラ・モリオ

いきなり
ブロ友・もり子さんのペンタブ画
無断転載
御免



このイラストのモデル
アカハライモリのモリオくんが
ホントにサヨナラしてしまいました

今は旦那しかいない家の
水槽から脱走して…そのまま…乾いて…

という電話を旦那からもらいました

私が静岡に帰ってた2月にも一度
脱走、救出、仮死、再生騒ぎがありましたが
奇跡的に復活したモリオは
生命力がある奴だから
あと5年は元気かなと思ってたのに
事故はいつ起こるかわかりません

それにしてもなんで脱走なんか…

GW明けに
メイを連れて盛岡に戻っちゃったから

モリオもモリオカに行こうとして脱走したのかな?

…なんてね。(T ^ T)


昨日はレッスンでした

スケ2を暗譜で弾いてみましょうと
先生の前での暗譜

なんとか最後まで辿りついたけど
心の中は
途中で、止まらないかな?
最後まで弾けるかな?
ってなことばかり考えて弾いてたな

もっと曲に集中して弾けるようになりたいもんです

先週末、弟が帰ってきてたし
右肘に痛みも出て
練習はほとんどできなかったけど
なんとなし暗譜はできた

この曲をなんちゃって譜読みしたのは
高校生の頃
先生がおっしゃるには
若い頃弾いた曲は、いつまでも覚えてるものだと

…若い頃、もっともっといろんな曲
弾いておけばよかった

昨日のレッスンでは
中間部のメロディーと内声の3連符部分
メロディーをもっと出して歌わせるように
再現部の冒頭のフォルテ→疲れが見えてくるところだからしっかりと弾く
コーダへ向かう前の左手のアルペジオはどんどん和音が変化して覚えにくいところだから楽譜置いておく

広い音域の左手アルペジオはショパンに限らずロマン派の曲にはよく出てくる
非常に難しいところだけど、手首を上手く使えば弾けるはず
だから、ロマン派弾いてると手首の柔軟性を養えるらしいです

あと、自分で頑張りたいところ



再現部の手前のところ

よく見りゃ、ほとんどユニゾンなんだよね
なのに私が弾くと音の数が多い気がする
つまり、ちゃんと弾けてないっつーことです
なんとかスッキリ弾きたい

暗譜もしたいし、まだまだ練習足りないから、ガッツリ弾きたいとこだけどね
急にまとめて練習しちゃうと肘を痛めそうだから、頭を使いながら短い練習時間で覚えたい
当然、覚えにくい場所はコードネーム書いてありますが、曲が速くて結局は指に任せて弾いてる感じです

頑張れ、ワタシ!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。