2016/08/29

ニュー・フェイス

台風10号…

なんてイヤな奴

西に行ったと安心してたら
ウロウロ、ノロノロして
Uターンして戻って来やがって

それも勢力強めて
よりによって東北に上陸かも?…なんて…

まずは、安全確保のための準備を

…個人的に、リンゴの落下が心配
うちにリンゴの木は無いけど
毎年、美味しい「津軽」とか「ふじ」とか
あとなんだっけ?黄色いリンゴなど
たくさんいただく農家さんがいるので


台風の前に
うちにやって来ましたニュー・フェイス



名古屋コーチンの若鶏

今頃ご馳走になれば
柔らかくて美味しい?

んでなくて
うちでは肉用に飼ってなかった

その代わりに
私が手塩にかけて育てた岩手地鶏のヒナたち6羽全部
里子に出て行ってしまいました

ちょっと寂しいけど
しょうがない


ニュー・フェイスといえば

ピアノレッスン曲もおニューな方が

めでたく、某・新ショパンエチュードが終了
次は…と
10月のヤマハのグレード試験の課題曲をやることに

10曲ほどの中から選んだのは
譜読みはしたことあるマズルカ…もちろんショパンね



マズルカは好きなので
ちょこちょこ譜読みして適当に弾いてたけど
レッスン受けたことがなかったんでちょうど良かった

それに
春の発表会のご褒美に買ったエキエル版の楽譜もあるし

(ご褒美といっても、出来が良くてではなく
あくまでも、良く頑張った!…という意味でのご褒美)



私の適当マズルカが
どう変わるか、乞うご期待

って、誰も期待してねぇ~よ(笑)


スポンサーサイト
2016/06/01

ヒヨコとバルトーク

先週、岩手地鶏のヒナが孵りました



全部で6羽

雌雄の判別はまだできません

もう、ニワトリの数を増やすつもりはなかったのだけど
親鶏のビッちゃんがこっそり卵を抱いていたので
放っておいたら、見事に孵化させました

ビッちゃん、お見事!

ヒヨコのうちは
朝昼夕と餌を与えなきゃならないので
また、外出しづらい日々になってしまったか



さて

ミニミニコンサート後
レッスンで見てもらうのに
念願の現代曲をいただきました

その名もバルトーク

ハンガリーの作曲家ですよね

以前に習っていた先生が
バルトークの直弟子に師事された方で
私もその先生からちょっぴりだけ習いました

けど、かじった程度
再度、しっかりバルトークをわかっている先生に習いたかったので
今回、また挑戦です~~

で、なんで
いい歳こいて、バルトークかって言えば

動機は意外に不純

中学生の時に
初めて買ったピアノのレコード
表紙がイケメンピアニストというだけでチョイスしたLP盤

「彗星のごとく現われたハンガリーの貴公子」
とかなんとかってキャッチフレーズ

入ってた曲目は、リストのソナタとかダンテとか
めちゃくちゃ難しい曲だったんだけど
それから、なんかハマっちゃって

「ハンガリーに行ってみたい…」

と、思ったような、思わなかったような…

そうなると、ハンガリーについて
にわか知識を集めたくなる
ハンガリーといえば、リスト?

でも、リストってほとんどハンガリーにいなかったとか

で、本場のハンガリーの方々から言わせると
ハンガリーの代表的な作曲家は
バルトークなんだぞと

っていうところから
興味を持ち始めた記憶

バルトークさんは
旧ハンガリー内
今のスロバキア、ルーマニアあたりまでの
民謡を収集して研究したそうです

それが素になってるから
なんか素朴な民族舞曲的な感覚が
聴いてても弾いてても楽し

リストやブラームスのハンガリー舞曲とは
ちょっと違うね


詳しいことは
これから学ぶこととして

とりあえず、レッスンでは
「ソナチネ」を見てもらうことにしました



明日は
サークル練習会

にわかバルトークを弾き散らかしてくる~~

メンバーさんに
「なんじゃ。こりゃ?」
って、思われないように

「おもしろそう」と感じてもらえるように
これから頑張って練習していくど









2016/03/15

いろいろ春~

春めいてきましたね~

この冬はいつが真冬のピークだったのか
わからないまま春になってしまいました

この季節感の曖昧な感じに



やっとこさ咲いた福寿草

でも、数カ所の福寿草エリアのうち
半分は芽がでる気配もナシ

やっぱり変だよ

あれ?
おチビなクリスマスローズがいた!



春といえば

ニワトリさん達

最近、ブログに載ってこないのは
ニワトリ小屋にスマホを持っていくのが面倒だから

そうそう
「春だな」
とわかる現象に
ヒナちゃんとナゴちゃんの行動があるのです
つまり、雄鶏

やたらに雌鶏を追いかけるとか
餌やりに小屋に入った私に襲いかかるとか

いつもはフレンドリーなヒナちゃんも
春先と秋頃
私に急にフワァーっと低空で飛びかかってくる

これがけっこう恐怖感タップリ
とっさにバケツなどで防御してますが



それでいて
私の手から喜んで餌をもらう
多分、本人の意思ではなく
季節がそうさせる何かがあるんだろうな

ニワトリの他に
庭木にやってくる野鳥も
元気よくさえずってます
多分、シジュウカラとかカワラヒワ?とか?

冬場、畑の隅に
ちょこっと果物とかパンとか置いてました
スズメもたくさん来てたけど
渡り鳥と言われるツグミも1~2羽まだ滞在中

私のおかげですっかり太って
無事にシベリアまで飛んでいけるか心配(笑)



家の中のメイちゃんは
心臓系の咳がたまにあるので
春先に悪化しなきゃいいけど

爺には吠えまくるメイも
ピアノのそばのサークルに入れておくと
すぐに静かに寝てくれる

おかげでここんとこ
夕方1時間ほど練習できます

でもねぇ

弾き始めはガチガチしてて
音も出せないし
1時間くらい弾いてやっと指が慣れて動いて来る感じ

昨日のレッスンも
時間が少なかったので
指慣らしせずにすぐに弾いたら
弾いてる途中、数カ所で
全く音がわかんなくなってしまって
先生にも
「あらら~?どしたの?」
みたいに心配される始末

まるで
接触の悪い懐中電灯みたいに
途中でフッと消えちゃうみたいな

まるで
見てる最中にフッと画面が消えちゃうテレビみたいな?

バンバン叩けば、また点くみたいな?

あ、こんなテレビ
現代にはありませんな

私の頭の
どこを修理すればいいのかなぁー

春だからなのかなぁー







2015/07/14

お暑うございます

梅雨って明けたっけか?

てか、雨って降ったっけか?

全国のあちこちの記録的猛暑ほどではないけれど
盛岡も暑い
暑さのせい?
日々の生活の記憶が遠のく

ここんとこ
爺との折り合いが悪くて

年寄り特有の頑固さと
昔から持ってるイミフなボケと
今時あるのか?男尊女卑的考えと

家の中のことなら
適当に流しておきゃいいけど
対外的にそれはマズイだろ?という発言が多くて
最近は私の根回しやゴマカシが追いつかない

あ~、もうやんなちった

気分転換に
街中まで買い物に
ついでに旧城下町をほんのちょっと散策



東京駅ではないよ
某地方銀行の本店
なかなかレトロで良い感じ

よく見りゃもう夏空ですな

4月に生まれたヒヨコのオスも
人間で言えば高校生くらいになったかの?
岩手地鶏のヒナちゃんJr.も
先日からめでたくコケコッコー・デビュー



まだ
「カーッ・カ・カー」
って、声変わりしたばかりの男の子みたいな鳴き方だけどね

パパであるヒナちゃんは…


網越しに、実の娘をナンパ中

ホントにプレイボーイなんだから~

だいたい、このちょいワル親父
なんで隣のナゴちゃんエリアにいるんだ?


最近の日課は
このニワトリさんちの遊び場の草取り
草の根っこを掘るとたまに虫が出てくる
それを見つけて食べるのが
こいつらの楽しみ

草取りガマのすぐそばで虫が出て来るのを待ってるからすごくやりにくいんだけど
ちょー至近距離でこいつらと触れ合えるから
これが私の楽しみ

でも、この前
勝手に草取りするな!
って、爺に怒鳴られたから
爺が昼寝してる間に
こっそり
ちょっとずつやってんのさ

へへ

気が付いたときには
草取り終わってるべ
2015/05/25

やっぱりねー



あれ~?
ヤンママ・ビッちゃん
何故、ヒナちゃんとツーショット?

実は、最近のビッちゃん
子育てに疲れたらしく
ヒヨコから逃げたそうな素振りばかりするので
ヒヨコ部屋から
ヒナちゃん部屋に移されました

やっぱり、まだ若いママだからねぇ
遊びたいのよねぇ
早速、旦那であるヒナちゃんとラブラブかい?

残された子供たちは…


思ったより平気

もう、親離れしても良い時期なのかな
いっちょまえにトサカも生えてきて
オスメスの区別もできるように

バランス良く♂♀2羽ずつ

お天気良いので、外にカゴを置いて日光浴させてますが
いちいち捕まえて移さなきゃならない

岩手地鶏はとてもすばしこく、普通のニワトリより飛ぶ力が強いので
外に出す作業が結構大変


ところで、この週末
私は盛岡に居ましたが
東京にいる弟に帰省してもらってました

来月あたり、私が静岡に戻る際
もしかしたらメイを置いていくかも?

で、弟にメイの世話の仕方を伝えておこうということで

フードをふやかして薬を混ぜるとか
食べさせる量とか
トイレの始末とか
パニクった時の対処の仕方とか…

犬を世話したことが無い人だから
いきなり丸々お願いするのは…


ん~~
やっぱり、無理かなぁ…


ところで、その②

畑でハチに刺されました

ズボンの中で、チクチクと感じて
アリでも入ったのかな?と
チョロチョロするあたりを
ズボンの上からバシッバシッと叩いたら

ツクーン!と衝撃

中から出てきたのは
体長1cmほどの真っ黒いハチ
すぐに刺されたあたりをつまみながら
流水で流し、薬を塗ったので
痛みはなくなりました

最近、ケムシが多いので
木の下は気をつけてたんだけど
まさかズボンの中にハチが入ってくるとは思わなかったぜ


ところで、その③

柿の木にくくりつけてる野鳥用の巣箱から
ピーピー声がする

何かな?
シジュウカラかな?

出入りする親鳥をみたら
なーんだ
やっぱり、スズメでした

スズメはニワトリの餌を無銭飲食しに来るので
我が家にとっては害鳥なんですが
子育ては応援してやらなきゃ

爺に気付かれたら、巣箱外されそうだから

ナイショ


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。